終末医療について説明します

人間の終末期における医療行為やケアをターミナルケアと呼び、ホスピスや訪問看護などでケアします。主に治療というよりは人生の質を問うQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を意識した痛みや精神的苦痛を軽減させる事を目的とした医療行為を指し、精神的側面を考えた方法が行われます。
単純に事故や災害などの突然死では、死亡日から逆算して3ヶ月以内を終末期と呼ぶようなことはありません。老衰・病気などの進行によって死が予測できる状況を指します。

基本的に終末期の患者においては、一つの臓器又は複数の臓器で機能不全が発症しします。こうなると延命が不可能で、一般に呼ばれている延命治療は3ヶ月が限界と言われています。
よって治療や症状などの遅延などは行われない事からも、痛みなどの緩和ケアが重点的に行われます。例外として亡くなる事で国家的に時期や事由的な問題が発生するような人物に対しては、延命措置が行われる可能性があります。

ターミナルケアを専門に行う看護施設をホスピスと呼びます。宗教の巡礼などで宿泊できる小さな教会施設が語源です。
ホスピタルは教会の聖職者の無私の歓待・看護などが語源で、これと意味が近い言葉です。
20世紀ごろから、治療のあてもない余命いくばくもない患者の安息に満ちた時間をケアする目的で、イギリスなどのヨーロッパから生まれました。アメリカでは主に在宅ケアになり、日本でも在宅ケアが主流であったが近年の傾向として施設への入居が多くなっており、施設不足が懸念されています。

Posted in | No Comments »

Comments are closed.